ルイボスティーの効果的な飲み方は?

 

ルイボスティーの効果的な飲み方や1日どれくらい摂取すればいいのかまとめています。
良かったら参考にして下さいね。

 

ルイボスティーの効果を引き出すポイントは煮出し方

 

 

ルイボスティーの飲み方についてですが、煮出し方が間違っていると、効果も当然違ってきます。

 

 

一番効果的なルイボスティーの作り方は、1リットルの水にティーパックを入れて、10分〜20分弱火で煮出します。その後、すぐにティーパックを取り出さず、15分ほど時間を置いて冷めてから取り出して下さい。

 

正しいルイボスティーの煮出し方

 

@やかんやナベに水を1リットル入れる
A火にかける前にティーパックを入れる(1包)
B10分〜20分弱火で煮出す
C火を止めて15分ほど置いてからティーパックを取り出す

 

冷たいルイボスティーを飲みたい時は?

 

 

暑い時期は、冷たいルイボスティーを飲みたくなりますが、そんな時は水出しでも大丈夫?
なんて思われる方もいますが、メーカーによって水出しOKと書いてある場合もありますが、基本的には煮出してものを冷蔵庫で冷やして飲むのがオススメです。

 

ルイボスティーはいつ飲むのがいいの?

 

就寝前

 

ルイボスティーにはカフェインが含まれていないので、寝る前にホットで飲むことで血流も良くなりよく眠ることができます。

 

 

それだけではなく、ルイボスティーに含まれるビタミンB1やマグネシウムは精神を安定させてくれる働きがあるので、ストレスがたまっている時やイライラしている時にもおすすめです。

 

 

口臭が気になる時

 

ルイボスティーに含まれるフラボノイド類は、強い抗酸化作用があり、口臭対策にも良いと言われています。人と会う前や、食後すぐに歯を磨けない時など役に立ちます。

 

 

ルイボスティーは1日どれくらい飲めばいいの?摂取目安は?

 

ルイボスティーはお茶なので、特に決まりはありませんが、目安としては1日500mlくらい言われています。コップ1杯200ml〜250mlなので大体1日2杯くらいです。

 

 

メーカーに問い合わせても特に、目安はなく好きな時に、飲んでもらって問題ありませんとのことです。
私も特に気にしていません。あまり飲まない日はコップ1杯の時のありますし、夏場の暑い時期にはコップ4杯から5杯飲む時もあります。

 

 

料理にも使ったりするので、目安をあまり気にしたことがありません。
お腹がゆるくなることもないので、特に心配しなくて大丈夫です。

 

 

ルイボスティーおすすめランキング!